2009年 6月号トピックス

◎目指せ!花ソムリエ!?
ハーブの効能

こんにちは。前回に引き続きハーブ特集です。ハーブの女王「ラベンダー」を取り上げましたが、今回はその他のハーブとその他のその効能についてご紹介しましょう♪

・オレガノ

しそ科で和名を「ハナハッカ」と言います。ミントに似た刺激臭とピリッとした辛味があります。成分はカルパクロールが70%、チモール25%が主なもので、殺菌作用、解毒作用、鎮静作用の他、喉や頭痛といった風邪の初期症状を鎮める効果があります。

・セージ

しそ科、サルビア属。とても種類が多く強い芳香があります。属名サルビアの語源はラテン語の”救助”を意味します。セージは、古くから医学的に重要なハーブとされてきました。消化促進、殺菌効果があるとされています。

・バジル

しそ科。一般にバジリコの名でよく知られています。葉からさわやかな芳香があり、「ハーブの王様」と呼ばれています。バジルにもたくさんの種類があり、一般にバジルと呼ばれているのはスイートバジルです。料理に使用することで知られていますが、薬効果としても、強い強壮作用と殺菌作用があります。

イングリッシュガーデン風に様々なハーブを植えて、自然な美しさがあるハーブガーデニングもいいですね。ハーブはとても強く育てやすいので、日当たりがいいところであれば簡単に増やせます。また、挿し芽ができる品種が多く、花も咲きますので、人気がでてきますよ。当店にも数種類のハーブを販売しております♪